ここから本文です

「おかあさんといっしょ」初の映画化決定 9月7日全国公開

2/15(木) 8:00配信

ねとらぼ

 NHK Eテレの「おかあさんといっしょ」が、初の映画化をします。タイトルは「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」で、9月7日から全国公開。一体どんな内容に……!?

【画像】現在の人形劇「ガラピコぷ~」

 「おかあさんといっしょ」は2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として1959年から現在まで半世紀以上続く、“超”長寿番組。子どもたちはテレビの前で歌のお兄さんやお姉さんと一緒に歌い、体を動かしながら感性を育くめます。

 今回はそんな同番組がテレビの枠を飛び越え、映画館でしか見られないオリジナルのスペシャルプログラムとして初の映画化。ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、スタジオを飛び出しさまざまな場所へ冒険に出かけます。大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容になるとのこと。

 現在番組内で放送している人形劇「ガラピコぷ~」は、初のオリジナルアニメ化をします。チョロミー、ムームー、ガラピコは、いつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星での大冒険が描かれます。

 なお、1990年に「おかあさんといっしょ」内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ「海だ!船だ!にこにこ、ぷん」として公開されていますが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、本作が初の映画化となります。

最終更新:2/15(木) 8:00
ねとらぼ