ここから本文です

【速報】錦織、72位ドンスコイから1セット目を先取 [ニューヨーク・オープン]

2/15(木) 12:35配信

THE TENNIS DAILY

「ニューヨーク・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/2月12~18日/ハードコート)大会3日目、錦織圭(日本/日清食品)は2回戦で、世界ランキング72位のエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)と対戦。錦織は6-2で第1セットを先取した。

【LIVE速報】 錦織圭 vs ドンスコイ(ニューヨーク・オープン)

両者は今回が2度目の対戦。過去の対戦は錦織の1勝0敗で、2013年の「全豪オープン」では7-6(3)、6-2、6-3とストレート勝ちしていた。錦織は今大会1回戦、ノア・ルビン(アメリカ)にストレートで勝利した後、自身の公式アプリで「今日の勝利は嬉しいです。ツアーに復帰できて最高」とコメントしていた。

対するドンスコイは、世界ランキング72位の27歳。強打でラリーの主導権を握り、そのまま押しきってしまうパワーヒッターで、強烈なサービスも持ち味のひとつだ。2017年2月の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」では、2回戦でフェデラーを相手にマッチポイントを3つ握られながらも逆転勝ちし話題になった。

錦織は昨日の1回戦同様コイントスでレシーブを選択し、試合はドンスコイのサービスで始まった。すると錦織は第1ゲームにいきなりサービスブレーク、直後のゲームではサービスエースも飛び出し、幸先のよい立ち上がりを見せた。

錦織がゲームカウント4-2となった第7ゲーム、強烈なサービスが持ち味のドンスコイ相手に、錦織はセカンドサービスをしっかり攻撃し、再度サービスブレーク。次のゲームをしっかりキープした錦織が、第1セットを制した。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在、2セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「ニューヨーク・オープン」1回戦のときの錦織圭
(Photo by Rich Graessle/Icon Sportswire via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:2/15(木) 13:00
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュースからのお知らせ