ここから本文です

瑞穂町に初のイチゴ摘み取り観光農園「くりりんベリー」 /東京

2/15(木) 8:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 瑞穂町二本木で日本茶製造販売・ギフト事業を手掛ける栗原園が本社に隣接する畑にイチゴの摘み取りを行う観光農園「くりりんベリー」を新たにオープンし、1月20日、摘み取りを始めた。観光目的のイチゴの摘み取り園は町内では初めて。(西多摩経済新聞)

 栗原園は1946(昭和21)年創業の日本茶製造・加工・販売会社。メインの日本茶製造・販売の他に和洋菓子などのギフト事業を展開し、工場や物流センターなど18カ所の拠点を持つ中、観光農園事業は初めての挑戦となる。お茶の消費が減退している中、「何か新しくてお客さまに喜んでもらえることをしたいと考え、2016年に摘み取り園の構想をスタートさせた」と栗原宏二専務。同年に高設栽培のイチゴを試作し、昨年8月に3連棟の鉄骨ハウス(10アール)と高設栽培施設を完成させ、「紅ほっぺ」を中心に5500株を植え付けた。

 高設栽培にしたのは、衛生面や摘みやすさ、スタッフの作業効率を考えてのこと。栗原専務は「大粒の甘いイチゴをお客さまに楽しんでほしい。事業が軌道に乗れば、もう少しイチゴの数自体を増やしていきたい」と期待を込める。

 摘み取りは5月中旬頃までを予定。40分間食べ放題で、小学生以上=2,000円、2歳以上小学生未満=1,000円。摘み取りは土曜・日曜で、定員50人。予約制(予約は9時~11時、13時~15時)。

みんなの経済新聞ネットワーク