ここから本文です

カランツバターサブレ、1stアルバム収録「百年」のMV公開 高田漣らがコメント

2/15(木) 14:48配信

CDジャーナル

 ヨシンバのヴォーカリスト・吉井 功が率いる“カランツバターサブレ”が、活動開始から10年目にして初音源となる1stアルバム『べいくあっぷ』(PR-001 2,500円 + 税)を2月7日(水)にリリース。リード曲「百年」のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開されています。併せて、高田 漣、古川 麦、猪爪東風(ayU tokiO)からのコメントも公開中。

 カランツバターサブレは、カンタベリー・ロックの雰囲気を持ちながら、“ラヴィンスプーンフルの緩さとフェイセズの精神でロックを奏でる”5人組。ヴォーカル・ギターの吉井は、1998年にテイチクより“ヨシンバ”のベース・ヴォーカルとしてデビュー。インストゥルメンタル弦楽器バンド“バンダプラネタリオ”としてNHK-BS「エルムンド」に出演したほか、Eテレ「シャキーン!」内で結成されたバンド“ザ・ぶどうかんズ”のベーシストとしてメンバーの片桐 仁、やついいちろうと共に活躍。音楽プロデュースやレコーディング、ライヴ・サポート、楽曲提供も多数行っています。

 なお3月23日(金)には、東京・下北沢 440にて発売記念ライヴの開催も決定しています。

最終更新:2/15(木) 14:48
CDジャーナル