ここから本文です

女性の視点生かした防災探る 静岡で行政担当者ら会議

2/15(木) 8:17配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は14日、女性が活躍できる地域防災について考える「ふじのくに男女共同参画防災ネットワーク会議」を静岡市駿河区の県男女共同参画センター「あざれあ」で開いた。行政の防災担当者や女性防災リーダーら約80人が参加した。

 池田恵子静岡大教育学部教授がコーディネーターを務め、NPO法人などで防災活動に取り組む3人がパネルディスカッションを展開。母親や幼児に配慮した避難所づくりなどについて女性の視点で積極的に提言していくことが必要といった意見が出た。

 参加者は、女性の意見を反映しやすい防災組織の実現に向けた課題や解決策を探るグループワークも実施した。

静岡新聞社