ここから本文です

38歳あるぞ開幕投手!ヤクルト・石川の復活デモに青木が太鼓判

2/15(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ヤクルト春季キャンプ(14日、沖縄・浦添)プロ17年目のヤクルト・石川雅規投手(38)が14日、沖縄・浦添キャンプで初めて打撃投手を務めた。青木宣親外野手(36)らに59球を投げ、打たれた安打性の当たりは7本。青木は「スライダーの横滑りがすごかった」と証言し、小川淳司監督(60)も絶賛。復活を狙うベテラン左腕が、上々の仕上がりを見せた。

 気温21度。太陽がまぶしい沖縄らしい気候の中、石川が光る汗をぬぐった。フリー打撃で打撃投手を務め、青木とバレンティンに直球、スライダー、チェンジアップのみの59球を投じた。

 「直球を『カチン』といかれなかったのでよかった。ああいうバッターに投げられてよかった」

 青木は31球中、安打性の打球が3本。7年ぶりにヤクルトに復帰し、久々に目の当たりにした石川の投球に「直球はピュッとくる感じ。スライダーもよく曲がっていて、横滑りがすごかった」と驚きの表情。28球で2本の柵越えを含む、安打性の打球が4本だったバレンティンも「ナイスボール」とうなずいた。

 視察した小川監督もうならせた。「切れのいいボールを放っていた。スライダーがすごく曲がっていたからびっくりした」。石川を開幕投手候補の一人としており、強打者2人に対する投球に「今の時期であれだけのボールを放れるっていうのは順調であるということ。今年を占う意味でも期待を持てる」と評価した。石川は「軽く確認です」と、さらにブルペンで16球を投げた。

 昨年は5年ぶりに開幕投手を務めたが、4勝14敗、防御率5・11と低迷。現役最多の156勝を誇る左腕が、5月24日の広島戦(マツダ)から一度も勝てず11連敗でシーズンを終えた。

 今キャンプでは初日からブルペン入りし、翌日には136球を投げるなど第1クールから全開。11日には元楽天監督、田尾安志氏(64)からナックルボールのアドバイスを受けた。

 「まずは自分のことをしっかりやらないといけない」。17年目の38歳、石川が再起をかけ、汗を流している。