ここから本文です

自由のないイランを変えたい 髪を隠す布脱ぎ、女性街頭へ SNSで広がる抗議

2/15(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 イスラム教シーア派を国教とするイランで、女性が公の場で着用を義務づけられているヒジャブ(頭髪を隠す布)=キーワード=を脱ぎ、ソーシャルメディアに投稿する運動が広がっている。厳格なイスラム政治体制に対する抗議だ。拘束される恐れもあるが、ヒジャブなしで街頭に立った女性は「自由のないこの国を変えたい」と訴えた。

 1月末、テヘラン中心部。買い物客らが行き交う昼下がりの広場で、女性(28)が突然、高さ約1メートルの配電設備の上に立ち、白色のヒジャブを脱いだ。女性はそのヒジャブを木の枝にくくりつけて高く掲げ、1分ごとに色が変わる近くの信号が10回切り替わるのを見届けて、立ち去った。……本文:1,441文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社