ここから本文です

中日・小笠原、“松坂イズム”で投げた投げた人生最多317球!

2/15(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 中日春季キャンプ(14日、沖縄・北谷)中日の3年目左腕、小笠原慎之介投手(20)が14日、沖縄・北谷キャンプのブルペンで野球人生最多となる317球を投げ込んだ。前日に松坂大輔投手(37)からキャンプ中の投げ込みの必要性を説かれ、即実行した。

 「下半身を使って投げないと(体力が)もたないですね」

 休日だった前日は松坂、山井らと昼はゴルフを楽しみ、夜は沖縄料理店で野球談議に花を咲かせた。東海大相模高からドラフト1位で入団した2016年に2勝を挙げ、昨季は5勝。高卒1年目から3年連続で最多勝に輝いた松坂は、まさに先生だ。

 ブルペンで熱視線を送った松坂は、球数を知ると「マジっすか。半分ぐらいだと思っていた」と目を丸くした。「僕は物覚えが悪かったから、たくさん投げた。疲れたころに、いい投球フォームになるんですよ」。自身のキャンプでの最多は、西武での最終年となった06年の333球だ。

 17日の練習試合(対巨人、那覇)での登板が有力な小笠原は「200球を超えてもいい球があって、自信になった」とうなずいた。