ここから本文です

アジカン、新曲含むベストアルバム3タイトル発売&22公演からなる全国ツアー開催決定

2/15(木) 18:00配信

エキサイトミュージック

ASIAN KUNG-FU GENERATIONがベストアルバム『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』をリリースすることを発表した。ベスト盤としては『BEST HIT AKG』から約6年ぶり、2枚目のベストアルバムとなる。2012年以降の楽曲からセレクトされた16曲と、新曲「生者のマーチ」を加えた全17曲を収録。「荒野を歩け」以来、1年ぶりの新曲となる「生者のマーチ」は、そばにいる人を抱きしめることの尊さを描き、「生きること」への祈りが込められたような後藤の歌声も印象的なラブソング。まさにASIAN KUNG-FU GENERATIONの“今“が凝縮されたベストアルバムとなっている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

初回生産限定盤に付属するDVDには、昨年12月に行われたFEEDERとのカップリングツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION × FEEDER Tour 2017 Supported by PIA』から、豊洲PIT公演でのライブ映像を6曲収録。新曲「生者のマーチ」も収録されたレアな映像作品となっている。

また『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』と同時発売で、『BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE”』『BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO”』の2枚のリリースも決定。こちらは『BEST HIT AKG』リリース時の2012年に、後藤正文(Vo,Gt)がセレクトしブログに綴っていた架空のベストアルバム。今回その架空のベストアルバムが“Official Bootleg”となってまさかの現実化。それぞれ“芋っぽい曲”“骨っぽい曲”が15曲ずつ収録されている。CDジャケットのアートワークには、当時後藤自身が描いた、骨と芋のイラストが採用されている。

そんなASIAN KUNG-FU GENERATIONは、6月から全国ツアー『Tour 2018 「BONES & YAMS」』の開催も決定。全22公演をまわるこのツアーは、そのタイトル通り、Official Bootleg盤である“HONE”と“IMO”を中心としたコンセプチュアルなライブになる模様。チケットは、本日より2月21日(木)までオフィシャルサイトで先行受付中。ツアー情報の詳細は特設サイトでチェックしよう。