ここから本文です

日向市産業支援センター「ひむか-Biz」がプレ金イベント 防災などテーマに /宮崎

2/15(木) 12:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 日向市産業支援センター「ひむか-Biz」(日向市富高、TEL 0982‐66‐6690)が2月23日、一軒家レストラン「いろどり」(南町)で「プレミアムフライデー」のイベントを行う。(日向経済新聞)

登壇した「どんぐりの森」の大坪こず恵さん

 毎月最終金曜を「ひむか-Bizの日」としてイベントを行っている同センター。今回は、少子高齢化が進む状況での町づくりや高齢者の見守り、防災についてディスカッションする。高齢者へのサポート事業「まごころサービス」を行う「宮崎日日新聞」販売所所長の小野秀一さん、「日向市青年団連絡協議会」会長の福島拓史さんなどが登壇し、日頃の取り組みを発表する。日向青年会議所のメンバーも参加する。

 福島さんは「日向市が好きで日向のために何かしたい、盛り上げたいという仲間と共に活動している。少子高齢化の今の時代だからこそ、大人数で何かをする重要性を感じており、幅広く青年団の活動を周知する必要があると思う。賛同者を得られるよう、自分の思いを語りたい」と意欲を見せる。

 同市は南海トラフ巨大地震で最大震度7が想定されている。津波が起きた場合に備え、避難山や避難タワーを整備し、防災意識の向上に取り組んでいる。同センター長の長友慎治さんは「当日は、高齢者の見守りに取り組んでいる方、日向で社会奉仕活動を展開する青年団や、青年会議所のメンバーが意見交換する。参加者で問題を共有し、アイデアを出し合えたら」と話す。

 会場では、協誠鐵工の浦正洋さんが自社製の「ロケットストーブ」で焼きたてのピザを振る舞う。

 開催時間は17時30分~(開場は17時)。交流会は19時~。交流会の参加費は3,500円。要事前申し込み。

みんなの経済新聞ネットワーク