ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

幅広い産業分野に適応可能な可搬重量12kgのロングアーム型ロボット

2/15(木) 7:05配信

MONOist

 不二越は2018年1月24日、小型ロボット「MZ」シリーズの新ラインアップ「MZ12」の販売開始を発表した。価格はオープンで、2018年度に3000台/年の販売を目指す。

 2013年に販売を開始したMZシリーズは高速、軽量、コンパクト、可動範囲の広さが特徴のロングアーム型ロボットだ。新ラインアップMZ12の可搬重量は12kg。軽量化と高剛性を両立した設計により、高速・高精度動作を可能にした。

 MZ12は要素部品と駆動機構の最適化により作業領域が広くなり、手首トルクが大型ワークやハンドにも対応するため、幅広い用途に適用できる。手首、本体ともにフルカバー化することで防塵防滴と防錆対応を標準装備。小型部品の組み立て、搬送だけでなく、バリとりや加工機へのローディングなどにも対応する。また、各種アプリケーションに必要な配線、配管を標準装備しており、ユーザーの利便性向上と、周辺装置との干渉リスクの低減に寄与する。

 日本では少子高齢化が原因による労働人口の減少により、電機、電子、EMSをはじめ食品、医療品などの生産現場で人による手作業をロボットに置き換える動きが強まっている。同社はMZ12の市場投入により、FA化ニーズが高まる幅広い産業分野でのマーケットシェアの拡大を進めていくとしている。

最終更新:2/15(木) 7:05
MONOist