ここから本文です

アスリートから経営者へ、J・チャステインの転身捉えた「モリーズ・ゲーム」新写真

2/15(木) 12:00配信

映画ナタリー

ジェシカ・チャステイン主演作「モリーズ・ゲーム」の場面写真が到着した。

アーロン・ソーキンが監督した本作は、違法なポーカーゲームを仕切っていたことによってFBIに逮捕された女性モリー・ブルームの回想録をもとにする伝記映画。けがを負いアスリートの道をあきらめた主人公モリーが、ハリウッドスターや大企業の経営者たちが法外な掛け金を投じるポーカーゲームの経営者として才能を発揮していく。第90回アカデミー賞では脚色賞に、第75回ゴールデングローブ賞では主演女優賞と脚本賞にノミネートされた。

【写真】「モリーズ・ゲーム」(他5枚)

このたび到着した場面写真は、平昌オリンピックの開催を記念して解禁されたもの。モリーがモーグルのトップアストリートだった頃の姿と、華麗な転身を遂げゲームルーム経営者となった姿が収められている。戦略家であるモリーは、コロラド大学を主席で卒業し、ソルトレークシティオリンピックで金メダルを獲得、ロースクールを卒業して会社を設立するという人生計画を立てていた。しかしオリンピック予選の最終戦で1本の松の枝によって転倒し、その計画が崩れていく。場面写真には、モリーがレース前に音楽を聴いて意識を集中させる様子や転倒により鼻血を出した場面、ケヴィン・コスナー演じる父とともに呆然とコースを去る姿なども捉えられている。

「モリーズ・ゲーム」は5月に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。



(c)2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:2/15(木) 12:00
映画ナタリー