ここから本文です

五輪=スノボHP王者ホワイト、スケボーで東京五輪出場に意欲

2/15(木) 11:02配信

ロイター

[平昌(韓国) 14日 ロイター] - 平昌冬季五輪、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)で自身3つ目の金メダルを獲得したショーン・ホワイト(31、米国)は14日、2020年東京五輪で実施されるスケートボードでの夏季大会出場に意欲を示した。

ホワイトはスノーボードで実績を挙げる一方で、スケートボードのプロ選手としても活躍。Xゲームでは2003年冬季にスノーボードHPで金メダル、2007年夏季はスケートボードの「バート」で優勝し、史上初めて夏季、冬季両大会で金メダルを獲得した。

HP決勝後、ホワイトは「スノーボードとスケートボードのトリックには似ている点が多く、筋肉が覚えている」とし、挑戦に前向きだと述べた。

一方、スケートボード界のパイオニアで、ホワイトにとって幼少時代からの指導者でもあるトニー・ホーク氏(米国)はロイターに対し、スケートボードでの五輪挑戦はそれほど甘くないと指摘。

ホーク氏は「ホワイトが挑戦するとしたら種目はバートだろうが、スタイルの変更を迫られるかもしれない」と分析。「実現するか分からないが、挑戦は自由だ」と述べた。

最終更新:2/15(木) 11:46
ロイター