ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【全日本】諏訪魔が揃えた!藤田迎撃メンバー

2/15(木) 16:41配信

東スポWeb

 全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(41)が14日、野獣・藤田和之(47)の迎撃メンバーを正式決定した。この日の群馬・伊勢崎大会で自身が率いる暴走ユニット「エボリューション」の元メンバーだった佐藤光留(37)との一騎打ちで快勝すると、試合後に再加入が決定。これで佐藤に岡田佑介(24)を加えた3人で藤田を迎え撃つことになった。いよいよ陣容を整えた暴走男は、藤田に邪道アイテムの持参を要求した。

 藤田戦に向かう諏訪魔にとって、避けては通れない試合だった。3日の横浜大会で藤田、“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)、NOSAWA論外(41)の3人に襲撃された際、すぐさま救出に入ったのが佐藤と岡田。そこで2人をパートナーにする方針を固めたが、唯一のネックが昨年8月に暴走軍を離脱した佐藤だった。

 だが気持ちを確かめるため肌を合わせると、言葉は要らなかった。佐藤の要望が通って実現したシングル戦。諏訪魔は来場者プレゼント用のカップ焼きそばが積まれたテーブルを投げ付けるなど暴走ファイトを展開。最後はラリアートで完勝を決めた。試合後には「今のエボリューションにはお前が必要だ!」と問い掛けた。もちろん佐藤の気持ちも決まっていた。少し気持ち悪いが「愛してます!」と諏訪魔に抱きついたのだ。これで3月25日さいたまスーパーアリーナ大会で諏訪魔、佐藤、岡田組VS藤田、カシン、論外組が決定。あとは団体からの正式発表を待つのみとなった。

 実は最後まで葛藤があった。ここにきて「暴走大巨人」コンビを組む石川修司(42)から「できるなら(藤田に)触れないで」と「待った」をかけられ、要請があればパートナーを務めるとの申し出があったからだ。再び野獣とからむことで評価を落とすのでは、という心配からの助言だった。

 それでも諏訪魔は「気持ちは分かるから、ありがたい。でもコツコツと積み上げてきた石川選手と違い、俺は何度も失敗を繰り返し、運よく息を吹き返してきた人間。一度決めたら引けないから。石川選手はDDTのベルト(KO―D無差別級王座)を取り、俺は藤田とケリをつける!」と返答。同日の3月25日DDT両国国技館大会で王座戦に臨む盟友に勝利を誓った。

 準備は整った。諏訪魔は「ヤツらはまだ大仁田厚に傾倒しているんだろ!? なら有刺鉄線バットでも何でも持って来い。大仁田厚の『亡霊』ともども葬ってやるぞ、オイ!」と気を吐いた。さあ、運命の再戦へ待ったなしだ。

最終更新:2/15(木) 16:41
東スポWeb