ここから本文です

女子ハーフパイプ金メダリストのクロエ・キム、滑走中はミーゴスとレディー・ガガを聴いていたと明かす

2/15(木) 20:00配信

rockinon.com

平昌冬季五輪のスノーボード女子ハーフパイプで金メダルに輝いたアメリカ代表のクロエ・キムだが、その競技中にミーゴスやレディー・ガガを聴いていたことが明らかになっている。

女子ハーフパイプ決勝にて1回目の滑走で93.75点を記録しそのまま優勝を決めたクロエだが、2回目ではそれをさらに上回る98.25点を叩き出している。

スポーツ専門チャンネル「ESPN」にクロエが語ったところによると、1回目の滑走ではレディー・ガガの“Paparazzi”を聴いていたという。


そして、実質的なウイニングランとなった2回目の滑走では、カーディ・Bとニッキー・ミナージュが客演したミーゴスの“MotorSport”を聴いていたとのことだ。


現在17歳のキムだが、17歳と296日での金メダルは女子スノーボーダーとして史上最年少となる。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:2/15(木) 20:00
rockinon.com