ここから本文です

平昌五輪 フレンツェル連覇 強気レース、最後に振り切る 複合個人NH

2/15(木) 7:55配信

産経新聞

 ゴールの瞬間、夜空に向かい雄たけびを上げた。五輪2連覇を達成したフレンツェルは「最高。本当に素晴らしい気持ち」と破顔一笑した。

 ジャンプを5位にまとめ、金メダルへのシナリオが完成した。得意の後半距離を残し「好位置につけた」と感じていた。

 トップと36秒差で雪原へ滑り出した。4キロ前後で先頭に追いつくと、主役に躍り出た。「前に出て自分のレースをするだけ」。強風をものともせず先頭に立ち、5人の集団を引っ張った。1人落ち、2人落ち…。最後はゴール直前の上り坂で渡部暁を一気に振り切り、歓喜の瞬間を迎えた。

 今季、ソチ五輪の王者はW杯で総合8位と不調をかこっていた。4年に1度の大舞台では、憎らしいまでの勝負強さを発揮してみせた。強さとは何か、を背中で示す2連覇だった。(五輪取材班)

最終更新:2/15(木) 11:15
産経新聞