ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

アウディ高松などが世界大会へ、サービス技能コンテスト「アウディツインカップ」

2/15(木) 19:30配信

レスポンス

アウディジャパンは、サービス技能コンテスト「アウディツインカップ 2017 ジャパンファイナル」を2月14日、リーガロイヤルホテル(大阪府)にて開催。審査の結果、テクノロジー部門ではアウディ高松、サービス部門ではアウディ熊本が1位となった。

[関連写真]

アウディツインカップは、全国125のアウディ正規ディーラーに在籍するすべてのメカニックおよびサービスアドバイザーを対象とした技能コンテスト。サービス品質向上を目的としており、テクノロジーとサービスの2部門で実施。「ツインカップ」の名称はそれに由来する。

今回開催されたジャパンファイナルには、2回に渡るオンラインでの筆記試験による予選を経てテクノロジー部門12チーム(36名)、サービス部門12チーム(12名)が出場。テクノロジー部門では実車を使った故障診断や修理、サービス部門では入庫受付を想定し、顧客の指摘から不具合箇所を特定するなどの実技試験に加え、各部門の学科試験を加えた総合成績で競った。

審査の結果、テクノロジー部門は1位がアウディ高松(川東敦彦さん、岸秀明さん、池田将道さん)、2位アウディ熊本(上卓洋さん、上木良さん、太田健二さん)、3位アウディ調布A(中西健太郎さん、山田翔さん、有馬慎二さん)。サービス部門は1位が2年連続となるアウディ熊本(大磧数敏さん)、2位アウディ箕面(荒井和樹さん)、3位アウディ足立B(安岡章雄さん)となった。

この結果をもとに、テクノロジー部門の1位チームであるアウディ高松の3名、サービス部門の1~3位の3名が2018年7月に欧州で開催予定の「第14回アウディツインカップ・ワールドチャンピオンシップ」に日本代表として出場し、世界一の座を競う。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2/15(木) 19:30
レスポンス