ここから本文です

平昌五輪 SPのジャンプ、羽生跳んで確認 フィギュア

2/15(木) 7:55配信

産経新聞

 【平昌=田中充】平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を狙う羽生結弦が14日、五輪会場となる江陵アイスアリーナの練習リンクで調整し、16日に行われるSPで盛り込む予定の4回転サルコーなど3つのジャンプ構成を確かめた。

 入念なスケーティングで体を慣らすと、最初は演技後半に予定するトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。さらに4回転-3回転の2連続トーループジャンプもきれいに降りた。

 冒頭で跳ぶとみられる4回転サルコーは1回目で転倒したが、2回目をしっかり決めて修正した。

 昨秋に負傷した右足首への負担を考慮してか、ジャンプはこの4本のみ。SP曲をかけた場面では跳ばず、スピンや複雑なステップの動きを確認した。練習後は報道陣に「ありがとうございました」と笑顔を見せた。

最終更新:2/15(木) 11:14
産経新聞