ここから本文です

下神明駅近くの「ダイニングJN」がメニューを刷新 仏製チキンマシン導入 /東京

2/15(木) 15:23配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 東急大井町線下神明駅近くの「ダイニングJN(ジェイエヌ)」(品川区西品川1、TEL 03-6421-5350)が1月12日、メニューを刷新した。(品川経済新聞)

「ロティサリーチキン」

 同店は、2015年8月に湯浅惇平さんと鈴木紀行さんが共同で開業した。居酒屋メニューを中心に提供していたオープン当初から、ファミリー層の増加に対応しリニューアル。子どもがいても人目を気にせず落ち着いて食事したいというニーズに合わせ、店内のオープンスペースにカーテンを用意。個室のように利用できるようにした。店舗面積は25坪、席数は室内20席、テラス12席。

 今回のリニューアルの目玉は、屋外に設置したフランス製のチキンロースター。オーナーの鈴木さんは「チキンは年齢や宗教的に食べられない客が少ないメニュー。チキンマシーンは機械の中で肉を回しながら焼く仕組み。お子さんを中心に、焼き上がる様子も楽しんでもらっている」と話す。

 リニューアルで新たに追加されたフードメニューは、チキンロースターで1時間半かけて焼く「ロティサリーチキン」(クォーターサイズ=680円、ハーフサイズ=1,280円、フルサイズ=2,480円)や「アメリカンコブサラダ」(ハーフ=380円、フルサイズ=680円)、「バーニャカウダ」(680円)など。

 さらに、ドリンクも子どもが楽しめるノンアルコールメニューを増やした。バーテンダー経験のある湯浅さんが開発したポップコーンの香りがするシロップを使った「ストロベリーポップコーンフラッペ」(530円)、パチパチはじけるわた状の駄菓子がのった「バブルガムスカッシュ」(480円)などを新たに提供する(以上、税別)。客単価は、ランチ=900円、ディナー=2,400円。

 「下神明の土地柄か、外国人や家族で利用する客も多くなってきた。今回のリニューアルをきっかけに、よりおいしい食事をリラックスしながら楽しめる場を提供できるよう引き続き頑張りたい」と意気込む。

 営業時間は、11時~14時、17時~23時30分。土曜・日曜・祝日はディナータイムのみ。

みんなの経済新聞ネットワーク