ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「NEW筒香」お披露目 15日・サムスン戦で自然体打法

2/15(木) 9:01配信

デイリースポーツ

 「DeNA春季キャンプ」(14日、宜野湾)

 DeNA・筒香嘉智外野手(26)が14日、新打法で臨む15日の練習試合、韓国・サムスン戦(宜野湾)への意気込みを語った。

【写真】侍・稲葉監督も筒香に全幅の信頼

 「3番・左翼」で2打席出場の予定で「まずは投手の球や、体の反応を見ることになる」という自身の初実戦。今キャンプでは、スタンスを狭くして自然体で立つ打法に取り組んでいるが「今はこれがしっくりときている。新しく変えて、いい感覚を見つけられればいい」と話した。

 見た目にも大きな変更だが「変わらなければ現状維持でしかない。今がいいからそのままで、という考えはない。常に向上したい」と変化を恐れず高みを目指す意思を示した。代表の4番をも担う“ハマの主砲”が、さらなる進化の道を歩む。