ここから本文です

長岡京・乙訓高校にふるさと納税 センバツ高校野球出場を支援 /京都

2/15(木) 16:08配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 長岡京市は2月15日、同市内の京都府立乙訓(おとくに)高校(長岡京市友岡)に「ふるさと納税」を活用した支援「甲子園出場応援寄付金」を行うことを発表した。(伏見経済新聞)

 3月に開幕する第90回選抜高校野球大会(センバツ)に初出場する同校野球部。昨年秋に行われた京都大会で優勝、続いて行われた秋季近畿大会で準決勝に進出し、1月26日に行われた選抜選考委員会で見事に「センバツ切符」を手にした。

 同市によると、同市内の公立高校が甲子園出場を決めたことに対して、市民から喜ぶ声が多数寄せられており、「市民をあげて応援し、出場に伴う活動費などに必要な資金を援助する」「全国で活躍する同校卒業生や長岡京出身の支援の受け皿」などを目的として、「ふるさと納税」を活用した支援を決定した。

 中小路健吾市長は「現在、長岡京市のふるさと納税は『子どもに本を贈ろうプロジェクト』『バンビオinイルミネーション』『京都西山再生プロジェクト(森林整備)』の3つの寄付金から選べる。今回の乙訓高校の応援寄付金は、期間限定の特別支援納税」と説明する。

 「甲子園出場応援寄付金」は、2月16日から受け付けを開始、乙訓高校が勝ち進むまで受け付ける。第90回選抜高校野球大会は3月23日に開幕、4月4日が決勝戦。今大会は90回の記念大会で、例年より4校多い36校が出場する。

 寄付金の手続きは、同市ホームページの「インターネット・クレジット決済」「指定銀行の納付書手続き」「市役所窓口や現金書留による手続き」「口座振替による手続き」「電話やメールの申し込み」の5つから選べる。

 問い合わせは同市総務課(TEL 075-955-9547)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク