ここから本文です

阪神・金本監督×西山秀二氏(2)星野さんの教え引き継いで、勝った報告したい

2/15(木) 9:01配信

デイリースポーツ

 就任3年目を迎えた金本知憲監督(49)を、広島時代の盟友でデイリースポーツ評論家の西山秀二氏(50)が直撃した。充実の一途をたどる戦力に、金本イズムの浸透も見られ、過去にない順調なキャンプを送っている。ファンも現場も狙うは優勝。その現実味が増す阪神の“今”を、金本監督、西山氏が腹を割って語り合った。

【写真】金本監督「1回だけ」星野氏に怒鳴られた過去

  ◇  ◇

 西山「若い選手も力をつけてきてるじゃない」

 金本「明らかにね。監督就任の時、阪神のバッターはストレートに弱い、振れないというのがあったから『まず振れるように』と2年間やってきました。まだ弱いところはありますけどね」

 西山「11日のDeNAとの練習試合で1、2番を組んだ島田、植田も楽しみ」

 金本「チャンスあると思いますよ。例えば代走でも2人いれば、同点のランナー、逆転のランナーで使える。足の速い選手が2人いるというのは大きいんですよ」

 西山「高山もうかうかしてられんね。まじめすぎるんかな?遊び心がないというか」

 金本「“遊び心だらけ”ですよ。ただ、危機感は相当持ってますよ。あとはスイングのセンスはあるけど、タイミングのセンスがない。そこだけですね。高山と中谷があとひと皮むけたら、面白いと思いますよ」

 西山「そのあたりのメンバーも、結果を出さないと認めてもらえない立場でしょう」

 金本「可能性だけでは難しいですね」

 西山「去年は誤算もあった。3勝5敗に終わった藤浪あたりはそうじゃないですか」

 金本「まあ12、13勝していれば、上下どれだけ違うか、ということはありますけどね」

 西山「一方で、例えば秋山あたりの独り立ちもあったし、桑原もすごく頑張った」

 金本「秋山が真価を問われるのは今年でしょうね。桑原と、あと岩崎は想像以上でした。岩崎については、後ろに左が2枚欲しかったので、ピッチャーである以上は先発したいだろうけど、何とかチームのために、と」

 西山「後ろに左が2人いるのは阪神だけでしょう」

 金本「大きかったですね」

 西山「そう考えると、阪神のリリーフ陣は盤石と言えるのでは?」

 金本「球児(藤川)もね。勝ってても、負けてる試合でも、文句一つ言わず黙々と投げてくれた。8点差でも投げたことがありますから。チームへの気遣いのあるピッチャーですよね。それに、ドミニカの2人(マテオ、ドリス)の気持ちをうまく乗せてくれたりね。球児の役割は本当に大きい」

 西山「藤浪の復活が待たれる」

 金本「いろいろ試行錯誤してます。ボールは暴れなくなったけど、打者が立つとブルペンの感覚を出せてない。ただ、焦ることはないと思います。まだ1カ月半ありますし。自信は失ってないです。『ここにこう投げたら打たれない』というものを持ってますから」

 西山「才木も楽しみ。馬場も出てくるかな?」

 金本「才木は1イニングのリリーフとかなら真っすぐだけでも行けますね。馬場はまとまってる。特にスライダーは加速しながら来るような感じがあって面白いですね。もちろんスライダーだけだと目が慣れるから、直球も磨かないといけないけど」

 西山「あとはキャッチャーが固まってくれば、というところですか」

 金本「誰か1人、ねえ。ワンバウンドを止めるとか、走者を刺すのなら梅野。配球を考えれば坂本、原口はバッティングではこの中で一番…」

 西山「ちょうど3人を足して3で割ったらいいのにね」

 金本「やっぱりキャッチャーは守り重視と思いますが、『キャッチャーは打たんでいい』という風潮は違うとも思います。巨人の小林が2割打てなかったり、広島の石原も1割台だったりしたら代えられますからね」

 西山「矢野2軍監督は3割打って、勝った」

 金本「まあ、負けてる場面で打てないキャッチャーに打順が回れば代打を出さないといけない。そうなると野手の数が足りなくなるから(ベンチ入りの)リリーフ陣が6人になる。本当は、8人入れたいんですよ。野手を少なめにしても。去年は後半、リリーフがかなりへばったでしょう。(投球数などの)表をにらみながら、気を使って故障は出さなかったけど、桑原にしてもバテた」

 西山「阪神はファンも厳しいから、5点も差がついたところでも『もうええか』となかなかなってくれない。優勝するためにここは(酷使を)我慢してくれるようなところがほしいよね」

 金本「序盤で打ち込まれて『はよ代えろ』と言われても、そこで代えたら本当に後ろのピッチャーがバテてしまうこともありますからねえ」

 西山「いずれにせよ、狙えるところには来たでしょう」

 金本「あんまり『勝って当たり前』となるとやりにくいですよ。勝負に絶対はないけど、頑張りますよ」

 西山「先月亡くなった星野さんにも報いたい」

 金本「育てる精神、勝つ執念。そういうものを一番教わった人です。僕がタテジマを着てるのも、あの人が呼んでくれたから。監督要請された時も、何回も『やれ、やれ』って。星野さんが言ってくれなかったら、いくらお金を積まれても引き受けてません。1軍、2軍、裏方、フロントが一緒になって戦うものだという星野さんの教えも引き継いで、勝った報告をしたいですね」

 西山「頑張って!」