ここから本文です

<円相場>日商会頭「110円前後が正常範囲」

2/15(木) 18:06配信

毎日新聞

 日本商工会議所の三村明夫会頭は15日の記者会見で、1ドル=106円台に上昇した円相場について「投機筋の動きがあるのかもしれないが、上がる理由がわからない。ある時間がたてば正常化していくのではないか。1ドル=110円前後が正常な範囲だと思う」と述べた。東京市場の株価の乱高下については「日本のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はしっかりしているので、正常化の過程をとるのではないか」との考えを示した。

 円高が日本経済や春闘に与える影響については「正常化していけば悪影響を与えることはないと思う。この短期的な状況で、経営者が今までの春闘の方針を変えることはないのではないか」と述べた。【川口雅浩】

最終更新:2/15(木) 18:06
毎日新聞