ここから本文です

デルタ航空、ミシュラン二つ星「一汁二菜うえの」監修の機内食を提供

2/15(木) 12:59配信

Impress Watch

 デルタ航空は3月1日から、日本発のハワイ路線とアメリカ本土路線のビジネスクラス「デルタ・ワン」「デルタ・ワン スイート」、プレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」において、ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフが考案・監修した機内食メニューを提供する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 メニューは季節により変わり、3月から5月は春メニューとしてアメリカ本土便の「デルタ・ワン」では、「ホタルイカ旨煮と鯛の子旨煮」「合鴨ロース煮」「さごし棒寿司」「筍土佐煮」「厚焼き玉子などの前菜」「才巻海老旨煮」「のどぐろ甘酢漬け」「黄身酢などの小鉢」「汲み上げ湯葉含ませ煮」「ほうれん草浸し」「茸と山葵の煮物」「鹿児島産黒豚の肩ロースを使った主菜」を提供。「旬の素材をふんだんに使い、その彩の美しさから、舌だけではなく目でも楽しめる構成」という。

 デルタ航空 機内サービス担当上級副社長のアリソン・オスバンド氏は「お食事というのは、どこで取っても楽しく思い出深いものであるべきです。デルタ航空では機内食のメニューを考案するにあたり、美味しいことはもちろん、その国の伝統的な味や文化に沿ったものであることを重視しています。世界的に高い評価を得ている上野シェフに、和食メニューの監修を依頼したのもそのためです」と、上野法男シェフは「空の上というまったく違う環境や調理上の制限など、機内食のプロデュースはお店で出すお食事を作るのとはまったく違います。地上と同じ繊細な味を空の上で再現するというのは、私にとって大きな挑戦でしたが、和食のイメージを壊さずに質の高いメニューを構成することができました。デルタ・ワンのお客さまに実際にお召し上がりいただき、感想をいただくのをとても楽しみにしています」と、ニュースリリースにコメントを寄せている。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:2/15(木) 12:59
Impress Watch