ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【フェブラリーS】古豪健在アウォーディー ウッドラスト12・0秒「このメンバーでも実力はヒケを取らない」

2/15(木) 21:11配信

東スポWeb

【フェブラリーS(日曜=18日、東京ダート1600メートル)注目馬15日最終追い切り:栗東】5歳秋に芝からダート路線へ参入するや、6連勝でJBCクラシックを制覇。一気に頂点まで上り詰めた異色派アウォーディーも今や8歳。能力減退の声もささやかれるが、前走の川崎記念では前残り決着のなか、中団から脚を伸ばして3着と復調の兆しを見せた。

 管理する松永幹調教師も「最後までしっかりと脚を使えていたし、最近のなかでは、最もいい競馬内容だったと思います」と確かな手応えを感じている。

 この日はウッドで単走。鞍上の思惑通りにハロンラップを上げ、ラストまでしっかりと脚を伸ばした(6ハロン80・8―38・2―12・0秒)。

 松永幹調教師「間隔が詰まっているので単走で、しまい重点に。いい動きでしたね。初めてのマイル戦がどう出るかですが、気を抜く間もない流れで、かえって良さが出せるかもしれません。このメンバーでも実力はヒケを取らないので、もうひと頑張りしてほしいですね」

最終更新:2/15(木) 21:11
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ