ここから本文です

川西集団暴行死事件 主犯の女に懲役11年

2/15(木) 19:08配信

MBSニュース

MBSニュース

 兵庫県川西市で共同生活をしていた女性に暴行を加え死亡させたとされる女に対し、神戸地裁は懲役11年の判決を言い渡しました。

 判決によりますと、川西市の無職・田口恵子被告(33)は交際していた下地道嗣被告(35)らと共謀し、2013年10月に川西市内で共同生活をしていた肥後恭子さん(当時25)を角材や特殊警棒で殴るなどして死亡させました。

 15日の判決で神戸地裁は「被害者に対する理不尽な怒りが事件の発端で、共犯者に暴行を指示するなど事件を主導した」として、田口被告に対し懲役11年を言い渡しました。また下地被告ら共犯者2人に対しては、それぞれ懲役9年6か月(下地道嗣被告)と懲役6年6か月(田口貴慎被告)を言い渡しました。

MBSニュース

最終更新:2/15(木) 19:12
MBSニュース