ここから本文です

大一番を前に離脱者続出中のアーセナル…ヴェンゲル「ラムジーの回復が遅れている」

2/15(木) 7:09配信

GOAL

カラバオカップ(リーグカップ)決勝を控えるアーセナルだが、ここに来て故障者が続出している。

25日にカップ戦ファイナルのマンチェスター・シティ戦を控えるアーセナル。しかし、先日アレクサンドル・ラカゼットが膝の手術を受け、4週間から6週間程度の離脱を余儀なくされるなど離脱者が相次ぐ。そしてこの日、先日のエヴァートン戦でハットトリックをマークするも、トッテナムとのノースロンドンダービーを欠場したアーロン・ラムジーの離脱が長引く可能性が浮上した。

15日にスウェーデンで行われるヨーロッパリーグ ラウンド32のエステルスンド戦への遠征メンバーからも外れたラムジーは、アーセナルのホームで行われるセカンドレグでの欠場も濃厚。そして、アーセン・ヴェンゲル監督はマンチェスター・シティとの大一番にもウェールズ代表MFを起用できないかもしれないと話した。

「ラムジーに関しては少しばかりデリケートだ。私が予想していたよりも回復が遅れている。彼はエステルスンドとの2戦目にも出られないだろう。カップ戦の決勝についてはまだわからない。回復の経過次第だ」

さらに、同指揮官は「ラカゼットの話は君たちもすでに知っているだろう。それに、(ジャック)ウィルシャー、(ローラン)コシールニー、(ペトル)チェフも欠場する。コシールニーとウィルシャーはアキレス腱に問題を抱えている」とスウェーデンでの第1戦に数名の主力が欠場することを明らかにしている。

GOAL

最終更新:2/15(木) 7:09
GOAL

スポーツナビ サッカー情報