ここから本文です

北朝鮮ペア、力示す=キム「南の同胞に感謝」〔五輪・フィギュア〕

2/15(木) 16:04配信

時事通信

 初舞台を滑り終えた北朝鮮ペアのリョム、キムの表情は、すがすがしかった。当初は自力で五輪への道を開いた実力の片りんを示し、SPに続いてフリーも自己ベストを更新。男子のキムは「この記録をずっと更新し続けて、退歩せず前進していきたい」。まだ続く競技人生を見据えた。
 女子のリョムを投げ上げて空中で回転させてから受け止めるツイストリフトで乱れ、並んで跳ぶジャンプはタイミングが合わなかった。キムは「ちょっと残念。練習ではうまくできたのに」と悔しがったが、リョムを投げるスロー3回転は2本とも加点の付くジャンプ。見せ場はつくった。
 昨年9月の五輪最終予選で残り5枠を争った中で3番手となって枠を獲得したが、北朝鮮が期日までに参加意思を示さなかった。1月にようやく出場が決定。南北融和を狙った政治利用の一面もある北朝鮮選手団の一員として、平昌で2日間を戦った。キムは「息の合った応援をしてくれて、演技中の苦しい時に力が出た。南の同胞の方たちに感謝したい」と素直な気持ちを口にした。(時事)

最終更新:2/15(木) 16:11
時事通信