ここから本文です

【カーリング女子】日本 韓国に逆転勝ち!3連勝で準決勝へ大きく前進

2/15(木) 23:15配信

東スポWeb

【韓国・江陵15日発】平昌五輪カーリング女子1次リーグ第3戦に臨んだLS北見の日本は開催国の韓国を相手に7―5と勝利し、負けなしの3連勝で、上位4か国が進む準決勝に大きく前進した。

 世界ランキング6位の日本は昼間にデンマークと第2戦を戦って8?5で勝利。世界8位の韓国も日中の初戦に8―6で世界王者のカナダに勝つなど、ともにダブルヘッダーとなった一戦。開催国が相手のため“完全アウェー”となるが、日本のスキップの藤沢五月(26)は「相手への応援にのみ込まれないように自分たちのやることに集中したいです」と気を引き締めていた。

 日本は第1エンドで先制し、第2エンドでリードを許すなど、一進一退の攻防を見せ、3―3のスコアで前半戦を折り返した。しかし第6エンドで1点を加点されると、第7エンドも日本の最終スローがわずかにズレて韓国に1点のスチールを許し、終盤戦に向け2点差がついてしまった。

 第8エンドで1点差に詰め寄り、迎えた第9エンドで、藤沢の第2投が韓国のナンバーワンをはじき出した上でガードの裏に隠れる絶妙なショット。韓国の最終投がコースを外れて、日本は2点をスチールし、逆転に成功した。第10エンドではナンバーワンを守る作戦が奏功し、7―5で勝利した。日本は次戦(17日)で中国と対戦する。

最終更新:2/15(木) 23:43
東スポWeb