ここから本文です

ネーサン・チェン SPで跳ぶのか…?4回転ルッツを練習

2/15(木) 16:20配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 公式練習が15日、江陵アイスアリーナのサブリンクで行われ、男子66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=や初五輪の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、2人のライバルと目されるネーサン・チェン(米国)も参加した。

【写真】ライバルに見せつけた?羽生、ネーサン・チェンの目の前でジャンプ

 チェンは、SPの曲かけ練習の冒頭で4回転ルッツに挑戦。バランスを崩して手をついたが、曲が終わってから跳び直した際には4回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを成功するなど、順調に仕上がっているようだ。

 団体男子SPでは、チェンは4回転アクセルを除けば最も基礎点の高いルッツではなく4回転フリップを選択。しかし固さからか着氷が乱れ、その後も安定感を欠く演技で4位と沈んだ。