ここから本文です

三日月氏が知事選出馬正式表明 「持続可能な滋賀をつくる」

2/15(木) 12:02配信

京都新聞

 滋賀県の三日月大造知事(46)が、15日に始まった県議会2月定例会議で「真に持続可能な滋賀をつくり、すべての県民が豊かさを実感できる滋賀を築くため、引き続き県政を担わせていただきたい」と述べ、任期満了に伴う今夏の知事選に再選を目指し立候補することを正式に表明した。
 次期知事選に立候補を表明したのは三日月氏が初めて。共産党などでつくる「明るい滋賀県政をつくる会」が独自候補の擁立に向けて人選を進めている。
 三日月氏は「対話や協働、現場主義を基本姿勢に全力を尽くし、今後の政策展開に向けた基盤整備を図ることができた」と振り返り、「こうした基盤を活用し、未来の活力へとつないでいく責任がある。一緒に頑張ろうの精神で課題に向き合う」と決意を語った。
 嘉田由紀子前知事や民進党県議らでつくる地域政党チームしがは、前回知事選に続き三日月氏を支援する見通し。前回対立候補を立てた自民党県連は月内にも三日月氏を支援するかどうかについて判断する方針。

最終更新:2/15(木) 12:55
京都新聞