ここから本文です

北朝鮮選手は失格=アルペン女子大回転〔五輪・アルペン〕

2/15(木) 17:33配信

時事通信

 女子大回転には、特別に出場枠が与えられた北朝鮮から25歳のキム・リョンヒャンが出場した。1回目は首位と29秒60差と大きく遅れて完走。2回目も懸命に滑ったものの失格となった。レース後は穏やかな表情で「自分の滑りには満足していないが、出場できてとてもうれしい」と語った。
 スタンドの一角では、赤いダウンコートにサングラス姿の一団が整然とした応援を繰り広げて注目を集めた。キムは「自国と韓国のみなさんに応援してもらい、とても勇気づけられた。五輪に出られて誇りに思う」と話した。(時事)

最終更新:2/15(木) 17:40
時事通信