ここから本文です

<陸自ヘリ墜落>民家1棟で新たに屋根などの一部破損確認

2/15(木) 22:58配信

毎日新聞

 佐賀県神埼(かんざき)市の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、陸自は15日、墜落現場近くの民家1棟で新たに屋根や雨どいの一部が破損しているのを確認した。飛散したヘリの部品が当たったとみられる。

 事故では墜落現場の民家や小屋計3棟が焼け、これまでに周辺約200メートルの範囲内の民家7棟で、部品が屋根を貫通するなどの被害が確認されていた。周辺の被害は8棟になった。

 陸自トップの山崎幸二陸上幕僚長は同日の記者会見で「誠心誠意、補償をしていくよう調整する」と述べた。【前谷宏】

最終更新:2/15(木) 23:42
毎日新聞