ここから本文です

ベトナム航空、夏ダイヤで機材大型化。エアバス A350-900の投入で一部にプレミアムエコノミー設定

2/15(木) 20:01配信

Impress Watch

 ベトナム航空は2月15日、夏期スケジュール(3月25日から10月27日)で機材の大型化や増便を行なうと発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 成田~ホーチミン線は、ボーイング 787-9型機で運航している午前便に続いて7月からは午後便も大型化し、エアバス A350-900型機を投入する。

 なお、同社は1月1日から羽田~ハノイ線のエアバス A350-900型機、成田~ハノイ線/成田~ホーチミン線のボーイング 787-9型機にプレミアムエコノミークラスを設定しているが(関連記事「ベトナム航空、東京発着便にプレミアムエコノミー導入。787-9型機ではビジネスクラスと同じシート幅/ピッチ」)、この午後便のA350-900型機にもプレミアムエコノミーを36席設定する。

ベトナム航空の成田~ホーチミン線午後便(2018年7月1日~9月30日)、エアバス A350-900型機で運航

VN302便:ホーチミン(06時10分)発~成田(14時00分)着、毎日運航
VN303便:成田(15時25分)発~ホーチミン(19時10分)着、毎日運航

ベトナム航空の成田~ホーチミン線午後便(2018年10月1日~10月27日)、エアバス A350-900型機で運航

VN302便:ホーチミン(06時25分)発~成田(14時00分)着、毎日運航
VN303便:成田(15時25分)発~ホーチミン(19時35分)着、毎日運航

 エアバス A321型機で運航しているセントレア(中部)~ハノイ線は、3月25日から4月8日の期間中はA350-900型機を投入し、約180席から約300席に座席数を拡大する。

ベトナム航空のセントレア~ハノイ線(2018年3月25日~4月8日)、エアバス A350-900型機で運航

VN346便:ハノイ(00時25分)発~セントレア(06時55分)着、毎日運航
VN347便:セントレア(10時15分)発~ハノイ(13時35分)着、毎日運航

 ビーチリゾートとして注目を集めるダナンへの直行便は、3月25日から4月1日、7月1日から9月30日の期間中は週5便運航から毎日運航へ増便する。

ベトナム航空の成田~ダナン線(2018年3月25日~4月1日)、エアバス A321-200型機で運航

VN318便:ダナン(00時20分)発~成田(07時35分)着、毎日運航
VN319便:成田(10時00分)発~ダナン(14時05分)着、毎日運航

ベトナム航空の成田~ダナン線(2018年7月1日~9月30日)、エアバス A321-200型機で運航

VN318便:ダナン(00時05分)発~成田(07時35分)着、毎日運航
VN319便:成田(10時00分)発~ダナン(13時30分)着、毎日運航

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:2/15(木) 20:01
Impress Watch