ここから本文です

ジャニーズWEST小瀧望が恋のアドバイス、男心を赤裸々に明かす

2/15(木) 22:24配信

音楽ナタリー

本日2月15日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて、映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」の公開前イベントが行われ、キャストの黒島結菜と小瀧望(ジャニーズWEST)、監督の篠原哲雄が登壇した。

【写真】小瀧望(ジャニーズWEST)(他6枚)

「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」はいくえみ綾のマンガを篠原哲雄が映画化した作品。北海道に引っ越してきた女子高校生・住友糸真とタイプの異なる“モテ男子”2人の恋や友情を描く青春ストーリーで、ヒロインの糸真に黒島が扮し、“俺様系モテ男子”舘林弦を小瀧、“ゆるふわ系モテ男子”桜井和央を高杉真宙が演じる。

ステージに登壇した小瀧は現在開催中の平昌冬季オリンピックに触れ、「同世代の方々ががんばっているので、この映画も金メダル級の大ヒット目指します!」と気合十分。まず展開されたのは「思わず応援したくなったキャラは?」という話題で、小瀧は「東京でハブにされて北海道に来て、和央と弦という対象的な2人の間で揺れる糸真ちゃん。『どっちに行くのかな?』と思いながら『糸真ちゃんがんばれ!』って思いましたね。這い上がっていってほしいですし、プリンシパルになってほしいと思いましたね」と熱弁した。MCから「小瀧さん今のはだいぶ熱かったですね」と振られると、小瀧は「すみません、顔が濃いもので!」と言い、会場を笑わせた。

北海道でのロケで印象的だったシーンについて問われると、黒島は雪の上でバレエを踊るシーンを挙げる。「(踊ったあとに)日が昇ってくるシーンもあるんですけど、それは北海道ならではかなと。踊るのは緊張しましたけど、がんばりました」と黒島が言うと、小瀧は「完璧でしたよ」と太鼓判を押し、黒島は「やめてください!」と照れていた。一方小瀧は、ほぼアドリブで臨んだという糸真を初詣に誘うシーンを挙げ、「台本にない自然なやり取りが残っています。『糸真ちゃんなんて言うてくんのやろ!?』ていうドキドキもありましたし、なんかコメディタッチなかけあいが印象に残ってます。弦の優しさもちょっと見えたりね!」と見どころと合わせて自分の役をアピール。篠原監督は2人が挙げたシーンに共感しつつ、夏のシーンにも注目してほしいと語った。

その後イベントは「応援してほしい恋」というテーマで事前に募集していたエピソードの中から、登壇者がそれぞれ選んだものを発表するコーナーに突入。小瀧は「好きな子と話せないうちに卒業式を迎えてしまいそう」というクラスメイトへの恋をつづったエピソードを選び、「話さずに後悔するより、話して後悔するほうが後々スッキリすると思う。最大の勇気を振り絞って声をかけてほしい!」と投稿者を勇気付ける。そして「男の子って自分の興味あることとかやってることについてけっこうしゃべりたいんですよ。そういうことを口に出したら、けっこう乗ってきてくれると思う」とアドバイス。司会者から「自分だったらなんて言われたい?」と尋ねられると、「『(髪の)分け目、いつもより左やな』とか言われると、だいぶ見てくれてるなと。けっこううれしいです」と大真面目に答え、「その男子は僕とキャラ違うかもしれないけど(笑)」と付け加えていた。

イベント終盤には“応援のスペシャリスト”として我武者羅應援團が登場。“人々の勇気を後押しする応援団”として活動する我武者羅應援團は、登壇者や観客の見守る中、弦が劇中で見せる努力や観客全員の恋を全身全霊で応援し、最後は登壇者も一緒になって「好きから逃げない! あなたはプリンシパル!」というエールで会場の熱気を高める。最後に黒島が「この映画が踏み出す1歩につながったらいいなと思います」とメッセージを伝え、舞台挨拶は幕引きとなった。

映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」は、3月3日より全国でロードショー。

最終更新:2/15(木) 22:24
音楽ナタリー