ここから本文です

4月公開の『新しい地図』映画、ようやく撮入 草なぎ「なかなか始まらなかった」と苦笑

2/16(金) 5:00配信

オリコン

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』のメンバーが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)で、草なぎが出演するパート『光へ、航る』がこのほど埼玉県内でクランクイン。太田光監督、尾野真千子と共に囲み取材にも応じ、草なぎは「なかなか始まらなかった」となかなか撮影が始まらなかった状況にもどかしさを抱えていたことを口にした。

【写真】映画『光へ、航る』撮影現場の模様

 同作は、episode.1からepisode.4までの短編オムニバス構成で、4つのepisode.を4人の監督が脚本し、2週間限定で、全国86館で上映される。episode.3である『光へ、航る』は裕子(尾野)とオサム(草なぎ)は息子・航(ささきゆうた)を失う。息子を失った悲しみを抱えながらも必死に生きていくしかない2人が、失った息子の右腕を探す旅に出ることを決意し、裕子とオサムは共に日本中を奔走することになり…、という物語となっている。

 この日は裕子と息子・航とのキャッチボールシーンと終盤の夫婦のシーンが公開された。4月公開ながら2月に入ってようやくクランクインとなったが、草なぎは「撮影が始まる、始まると言ってなかなか始まらなかった」と苦笑い。続けて「始まったら猛スピードでフルスロットルで駆け抜けていきたい。最高の作品を作るので期待してください」と誓った。

 香取が出演するepisode.2『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』(山内ケンジ監督)は2月上旬に既にクランクアップ。稲垣が出演するepisode.1『ピアニストを撃つな!』(園子温監督)は2月中旬に、オールキャストのepisode.4『新しい詩(うた)』(児玉裕一監督)は3月上旬にクランクイン予定となっている。

 オムニバス形式となり、香取と稲垣に草なぎは対抗心も。「いい意味で刺激しあっている。2人に負けない」と宣言。「もともと始まりは映画とかやりたいなって3人で話をしていた。いろんな監督が集まってくれた。吾郎さんと慎吾ちゃんのも気になる。最後にEpisode.4で集まるっていうのが、すばらしい。いい仲間と一緒に映画を作っている感覚。できあがりがすごく楽しみですね」と想像を膨らませた。

 最後は「Episode.4が楽しみ。オールキャストがそろうので、どんな映画になるのか。今まで見たことないような、いろんなエンターテインメント性が含まれている作品になるんじゃないか」と見どころを熱弁。「Episode.4はまとめなんですけど、もしかしたらまた次に繋がるような感じですね」と続編に含みを持たせ「愛すべき出演者、仲間たちと映画を作れる。『クソ野郎と美しき世界』のタイトル通りハチャメチャなんですけど、最後は劇場から温かいものを持って帰ってもらえると思う」と熱く語っていた。

最終更新:2/16(金) 5:00
オリコン