ここから本文です

長崎県内の高校では最も早く 活水高校卒業式

2/15(木) 19:02配信

NBC長崎放送

NBC長崎放送

長崎県内の高校では最も早い卒業式です。15日、長崎市の活水高校で卒業式が行われ、155人の生徒が学び舎を巣立ちました。

毎朝の礼拝で慣れ親しんだチャペルで迎える高校生活最後の日。式はキリスト教の精神に則り、礼拝形式で行われました。式では卒業生155人全員の名前が読み上げられ、大岩校長から一人一人に卒業証書が手渡されました。

今年の卒業生は2年生の時、同級生を病気で亡くすという悲しい出来事がありました。式には亡くなった生徒の母親も出席し、ともに門出の日を迎えました。

「私たちと一緒に卒業する仲間が天国にいます。総勢156名、私たちは今日、活水高等学校を卒業します」(卒業生代表・田中心さん)

卒業生が在校生へ思いを託す「魂ゆずり」の儀式は、創立以来続く活水の伝統です。今年は純潔を表す白と、高い志を表す緋色のリボンが結ばれました。

「(一番の思い出は?)すてきな友達がいっぱいできたことです」

「部活が楽しかったです。藤重先生ありがとう」

「動物の看護師になるために専門学校に行きます。動物も人間も助けられるような優しい人になりたいです」

かけがえのない仲間とともに学びの日々を過ごした卒業生たち。3年間の思い出を胸に、春からそれぞれの道へ進みます。

NBC長崎放送

最終更新:2/16(金) 13:35
NBC長崎放送