ここから本文です

【フェブラリーS】ゴールドドリーム「金」時計!自己ベスト更新

2/15(木) 9:43配信

サンケイスポーツ

 フェブラリーSの追い切りが14日、東西トレセンなどで行われた。栗東では昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームが、坂路で抜群の動きを披露。自己最速の4ハロン49秒8をマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』。史上2頭目の連覇へ向け、視界は良好だ。テイエムジンソク、ケイティブレイブも順調に仕上がっている。

 ダート王の称号は誰にも渡さない。昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームが、坂路で自己ベストとなる4ハロン49秒8をマーク。3季連続のGI制覇に向けて、万全の態勢を整えた。

 「そんなに速く見えなかったけど、やっぱり能力のある馬だなと再認識した」

 この日、登坂した延べ1007頭のうち、50秒を切ったのはこの馬だけ。堂々の一番時計に平田調教師も舌を巻いた。藤懸騎手(レースはムーア騎手)を背に、序盤から軽快にラップを刻んでいく。ブレのないフォームで加速すると、ラスト1ハロン12秒1でフィニッシュ。最後までしっかりとした脚さばきだ。

 藤懸騎手は「全く無理はしていないし、こんなに出ているとは思いませんでした。体の使い方、折り合い、息遣いなど、体も気持ちの面もすごくいいですね」と、オーバーワークを否定してデキに太鼓判を押した。

 中間はゲート練習と併せて、前走時から取り入れたプールで調教。効果は絶大で、精神面の落ち着きに加え、体全体を動かすことで可動域が拡大した。「体が柔らかくなった。完歩が数センチ伸びるだけでも違う」とトレーナーは期待する。

 4戦3勝2着1回を誇る最適舞台。鞍上は、引き続き世界の名手・ムーアを迎える。「跳びが大きいので、広くて直線の長い府中は合っている。乗り役も、考えられる最高の乗り役」とトレーナーは力を込める。

 連覇となれば、2014、15年のコパノリッキーに次ぐ史上2頭目の快挙。この後は昨年に続いてドバイワールドC参戦へのプランもある。日本ダート界の金メダルを手にして、世界制覇に夢をつなぐ。 (斉藤弘樹)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ