ここから本文です

自民・二階幹事長と維新・松井代表が会談 万博誘致などで意見交換

2/15(木) 22:02配信

産経新聞

 自民党の二階俊博幹事長と日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は15日、東京都内のホテルで会談し、2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致などに関し意見交換した。カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の早期審議入りに向け両党間で協議を進める方針も確認した。

 松井氏は会談で「万博誘致の機運が高まってきた」と述べ、二階氏も「もう一息だ。気を緩めずに頑張ろう」と応じた。憲法改正に関しては話題にならなかった。会談には自民党の林幹雄幹事長代理と維新の馬場伸幸幹事長、遠藤敬国対委員長が同席した。

 二階、松井両氏の会談は昨年2月に初めて行われ、今回で3回目。維新側には、安倍晋三首相ら官邸サイドとのパイプに加え、自民党執行部との関係も強化し、独自法案の審議などへの協力を取りつける狙いがある。

最終更新:2/15(木) 22:02
産経新聞