ここから本文です

東京都心で最低気温5℃以上は約1か月ぶり 昼間は桜が咲く頃の暖かさに

2/15(木) 8:40配信

ウェザーニュース

 15日(木)朝は、関東南部などで朝の冷え込みが弱まり、東京都心では約1か月ぶりに最低気温が5℃以上となりました。

 今日の東京都心の最低気温は、夜中の1時43分に観測した5.5℃。(8時現在)
 最低気温が5℃以上になるのは、今年の1月19日以来、約1か月ぶりのこととなります。

 <各地の最低気温(8時まで)>
 東京 5.5℃
 千葉 9.7℃
 横浜 8.1℃

暖かさを運ぶ南風

 朝の冷え込みを緩和させたのは南からの風。
 昨日は北陸・中国・九州北部で春一番の発表がありましたが、同じように昨夜から関東でも南寄りの風が吹いていたため、気温の低下が抑えられ、朝の冷え込みが緩みました。

昼間は春の兆しを感じる暖かさに

 きょうは昼間も気温が上がり、東京では15℃、横浜では16℃と、関東各地で15℃前後になる予想。これは3月下旬から4月上旬と桜が咲くころの暖かさ。
 昼間はコートを着て外に出なくてもいいような暖かさとなりそうです。

花粉症の方は注意を

 ただ、花粉症の方は注意が必要です。風が強く、暖かくなると花粉が飛びやすくなります。

 ウェザーニュースの独自観測機や会員からの報告により、昨日から神奈川県や埼玉県などを中心に、すでに花粉が飛び始めていることが確認されました。
 花粉症の方は、マスクをするなど、対策をしてからお出かけください。

ウェザーニュース