ここから本文です

不登校解決への対策まとまる 千葉県総合教育会議

2/15(木) 13:58配信

チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)

 増加の傾向をたどる不登校児童や生徒の解消を目指して、千葉県は専門家で構成される対策支援チームを設置する方針を固めました。森田知事や内藤敏也教育長らが出席した14日の総合教育会議では、県内の約8800人の不登校児童や生徒の解消を主な議題に今後の具体的な取り組みについて話し合われました。

 この中で解消が困難とされるケースでも迅速・的確に指導や助言、支援が行えるようにと福祉や心理の専門家で構成する「不登校対策支援チーム」を設置する方針が示されました。必要に応じてこのチームが学校や家庭に直接支援に入ることも可能になるということです。

 このほか、不登校の未然防止や初期対応をまとめた「千葉県版不登校対策指導資料集」の作成など、合わせて7つの対策で包括的に不登校解消に取り組むとしています。森田知事は「これまで以上に充実した不登校対策で不登校に苦しむ子どもたちを一人でも減らしたい」としています。なお、対策支援チームの設置などについては、2月の定例県議会に予算計上され、審議されます。

チバテレ(千葉テレビ放送)

最終更新:2/15(木) 13:58
チバテレ