ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

異形棒市況7万円へ コスト高、底堅い需要映す

2/15(木) 12:15配信

日刊産業新聞

 東西の異形棒鋼市況は、メーカーのコストプッシュと底堅い需要を背景に直送でトン7万円の市況へと移行しつつある。取引量は低迷し、鉄スクラップ電炉買値の上昇が一服しているものの、電極などの資材、運送費などのコストが上昇している中、メーカーはコストを意識した販売姿勢を強め、ゼネコンからの下げ要求にも応じない構え。年度末にかけて実需が伸びていくとの見方も多く、異形棒鋼市況の上げ局面は続く見通しだ。

最終更新:2/15(木) 12:15
日刊産業新聞