ここから本文です

66万人が真っ二つ!「マーガリンのとり方」を巡る論争に終止符をうつ

2/15(木) 6:03配信

ホウドウキョク

あなたのマーガリンの使い方は「上から平たく」 or 「端からきっちり」どちらだろうか?
今、この「マーガリンのとり方」で66万人の意見が真っ二つに割れている。

マーガリンとバターの違いって何?

きっかけとなる投稿があったのは今月2月10日。
マーガリンのとり方で友人と意見が分かれたことから、Twitterでのアンケートをスタート。しかし、「上から平たく派」と「端からきっちり派」の票数は、ほとんど同じ。

優劣がつかないまま投票数が増え続けた結果…なんと66万票以上が集まった時点でも、「上から平たく派」49%、「端からきっちり派」51%と意見は真っ二つに分かれたままだった。

マーガリンってなに?

そもそも初めてマーガリンが作られたのは今から100年以上も前のフランス。
当時はバターが不足していたため、ナポレオン三世が代わりになるものを募集し、ある化学者が牛脂や牛乳から代用品を作る方法を考案。これが現代のマーガリンの原型になったという。

見た目がよく似ているバターとマーガリンの一番の違いは原料。
バターの主原料は牛乳だが、マーガリンは大豆油、なたね油、コーン油、パーム油、ヤシ油、綿実油、ひまわり油など植物油が主原料の60%強を占めている。

使い方に関してアンケートでは全く決着がついていなかったが、しいて言うならどちらが正しいのか?マーガリンに関する研究調査などを行っている日本マーガリン工業会に聞いてみた。

どちらが正しいかは特にない

ホウドウキョク:
マーガリンのとり方は「上から平たく」か「端からきっちり」どちらが正しいのか?

担当者:
どちらが正しいとは特に言えないと思います。
メーカーによっても違いがありますから、一概には言えないでしょう。

正しい使い方は分からなかったが、おいしく保存するコツは空気に触れないようにすることだという。使い終わったら容器のふたをきちんと閉め、すぐ冷蔵庫にしまうようにしよう。容器ごと食品保存袋に入れて封をしてもいいそうだ。

ホウドウキョク:
マーガリンをとるナイフは、入れっぱなし・そのたび洗う、どちらがいい?

担当者:
一般的な衛生の観点から言えばきちっと洗うほうがよろしいかと思いますが、これも一概には言えないでしょう。ナイフと同じく、新品のマーガリンの表面を覆っている「シート」も、入れっぱなしでいいのか気になる人も多いだろう。実はこのシートは、使い始めるまでに空気による風味の劣化を防ぐためのものだという。

開封後はフタを閉めて保存すれば品質には問題ないので、シートは捨てても付けたままでも問題ないそうだ。

ちなみにマーガリンを空気に触れたままにしておくと黄色く変色するのは、水分の蒸発が原因だという。

マーガリンの油分には緑黄色野菜に含まれているカロテンという物質が入っていて、水分が減るとカロテンの色が強く表れるそうだ。ただ、黄色くなっても正しく保存してあれば味や風味には影響はないので安心して使ってほしいという。

最終更新:2/15(木) 6:03
ホウドウキョク