ここから本文です

なぜ日本では医療系VBが育ちにくいのか、厚労省が「資金・人材」好循環探る

2/15(木) 15:40配信

日刊工業新聞電子版

 厚生労働省は、医療系ベンチャーを育てる好循環(エコシステム)の確立に向けた政策研究を2018年度に始める。日本では医薬品をはじめ、実用化につながりそうな優れたシーズ(種)が複数存在していても、それが十分に生かされていない課題がある。大学や研究機関といったアカデミア、医療系ベンチャーがそれぞれ抱える課題を明確にすることで、ベンチャー育成に向けた環境を整備していく。

 研究対象は、アカデミアにおける医薬品や医療機器、再生医療等製品に関するシーズと実用化に向けた開発状況、医療系ベンチャーの資金調達や人材確保などに関する課題。

 厚労省は医療産業発展のため、医療系ベンチャー振興を活発化している。効果の高い政策を打つために、より本格的な政策研究が必要と判断し、予算を計上した。研究により課題を正確に把握し、今後の政策につなげる。研究費の規模は1課題あたり年間500万円程度で、研究実施予定期間は最長で1年間とする。採択数として1課題の予定。

 採択先としては、医療産業に詳しい大学研究者やベンチャー企業などを想定。審査では、医薬品や医療機器、再生医療等製品に関する研究開発や知的財産、薬事などに関する知見を持つ専門家が研究代表者となるなど、研究体制が構築されていることを要件とする。

 併せて臨床研究中核病院など、革新的な医薬品や医療機器の開発推進で中心的な役割を担う機関との協力体制が築けていることなども求める。これらの要件により、研究成果を政策に移せる実践的なものにする方針だ。

 厚労省は、17年4月に医療系ベンチャーの支援業務を行う「ベンチャー等支援戦略室」を設置。同年10月には、医療系ベンチャーを振興するためのイベントを神奈川県内で開催した。今回の研究を通じてアカデミアとベンチャーそれぞれの現状や課題の把握につなげる。