ここから本文です

ホンダ ヴェゼルがマイチェンで安全装備を全車標準装備、デザインも一新

2/15(木) 11:34配信

オートックワン

ホンダは、SUVのヴェゼルをマイナーチェンジして2月16日(金)に発売する。価格(消費税込)は、207万5000円~292万6000円となる。

>>よりスタイリッシュになったホンダ 新型ヴェゼルを画像で見る

今回のモデルチェンジでは、先進感と力強さを際立たせたエクステリアや、上質感と心地よさを追求したインテリアなど、デザインに一層の磨きをかけるとともに、ハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」にきめ細かなチューニングを施し、さらにスムーズな加速フィールを実現した。

ヴェゼルの特徴である、ホンダ独創の「センタータンクレイアウト」がもたらす大きな荷室やミニバン並みのゆとりあるリア席空間はそのままに、細部をさらに熟成することでヴェゼルの魅力を一段と高めた。

また、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全タイプに標準装備した。

■エクステリアデザインの進化
フロントのバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用することで、より先進感と力強さを表現した。

ボディカラーには、新色のオーロラアメジスト・メタリックとシルバーミストグリーン・メタリックを含む3色を新たに追加し、全8色のラインアップを設定した。

■インテリアの質感向上と快適装備の追加
フロントシートの形状を刷新しステッチを変更することで、ホールド性と質感がさらに向上した。

さらに、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などをナビ画面や音声で伝えるApple CarPlay/Android Autoに新たに対応した。

■ハイブリッドモデル:運転する楽しさを追求した、さらに爽快な走り
ハイブリッドモデルに採用しているSPORT HYBRID i-DCDにきめ細かなチューニングを施すことで、よりスムーズな加速フィールを実現。

ハイブリッドモデルのブレーキペダルにリンク機構を新たに採用することで、ブレーキ踏み込み時のペダルの軌跡を最適化し、よりスムーズなブレーキフィールを実現した。

■Honda SENSINGを全タイプに標準装備
先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」の8機能を、ガソリンモデル、ハイブリッドモデルの全タイプに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する。

自動ブレーキや誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS<車線維持支援システム>」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」など、ドライバーの負担を軽減し、快適な運転をサポートする機能も充実させた。

■静粛性と燃費性能の向上
ボディに制振材を追加して最適配置することで、走行時の静粛性がさらに向上した。また、エンジン内の高圧燃料ポンプの構造を見直すことで、走行時に発生するエンジン音を低減させている。

加えて、カムチェーンの摩擦低減などにより、ガソリンモデルの燃費が21.2km/L(JC08モード)に向上した。

■4WDモデル:雪上でのコントロール性向上
4WDシステム「リアルタイムAWD」のトルク制御モデルがさらに進化し、雪上での旋回や登坂発進時に、より安心かつ上質な乗り味を実現した。

最終更新:2/15(木) 11:39
オートックワン