ここから本文です

葛飾北斎は“厨二病”だった?「どん兵衛ゼミナール」で日清が伝えたかったこと

2/15(木) 11:31配信

ホウドウキョク

このマンガ、どこかで見たことがないだろうか?
(画像参照)
通信教育講座でおなじみ、と言えばピンと来る人もいるはずだ。

結末にものすごい急展開!「勉強も恋もまっすぐアツアツ!どん兵衛ゼミナール」

出したのは、日清食品。

定番商品「どん兵衛」のWebサイトで2月13日に公開されたマンガが、いま話題を呼んでいる。

タイトルは「勉強も恋もまっすぐアツアツ!どん兵衛ゼミナール」だ。

「どん兵衛ゼミナール」ってなに?

主人公の七味(ななみ)は「おだしが丘中学」の3年生。

受験に向けた勉強、ダンス部の活動、さらに片思いの恋と、いろいろ悩みは多いがどれもうまくいっていない。

そんなとき、勉強もダンスも完璧で彼氏もいる仲良しのミホから勧められたのが「どん兵衛ゼミナール」。

七味もさっそく始めた「どん兵衛ゼミナール」の内容はどん兵衛を作って食べるだけ。

すると、出来上がりを待つ間に勉強をしたり、うどんつゆが跳ねた箇所が授業にでたり、どこがゼミナールか全く分からないが成績がみるみる向上する。

「壁どん兵衛」の彼氏と別れ親友とも絶交の急展開

バレンタインには、好きな男の子にメッセージ入りのどん兵衛を贈る「告白どん兵衛」。

壁ドンしながらどん兵衛を食べる「壁どん兵衛」。メッセージを書いたどん兵衛を2人で交換し合う「交換どん兵衛」をしつつされつつ、恋も順調に進展。

だが、仲良しのミホから彼氏を奪い取ったため、一時は絶交状態に。

付き合った男の子とも別れてしまうが、特に詳しい説明もない1~2コマで仲直りして、あっという間に高校受験も成功。

最後は、七味の彼氏、七味に告白したミホの元カレ、いきなりミホと付き合うことになった転校生のトムヤム君を加えた愛憎渦巻く5人がカップ麺を食べながら高校の入学式に向かうという、すごく不思議な場面で幕を閉じる。

日清食品と言えば、これまでにも すごく不思議なプロモーションをたびたび打ち出してきた。

ホウドウキョクでも取り上げた、マンションポエム風の広告や、巨大ロボ映画の予告動画、デザイナーへのダメ出し、ヌーハラ対策グッズはご記憶の方も多いのではないだろうか。

そして今回、公開したマンガの狙いはどこなのか?担当者に聞いてみた。

1/2ページ

最終更新:2/15(木) 11:31
ホウドウキョク