ここから本文です

木村花のW-1所属一戦目はチア風コスチュームで白星発進!

2/15(木) 21:30配信

バトル・ニュース

 14日、後楽園ホールにて『WRESTLE-1 TOUR 2018 W-IMPACT』が開催され、先月WRESTLE-1所属になることが発表された木村花が一戦目を行った。

 チアガール風のコスチュームにあわせてダンスをしながら登場した花はBeginningの安納サオリとタッグを組み、同じくBeginningの万喜なつみ&センダーガールズの白姫美叶のタッグと対戦。他団体参戦時にはすでに勝利している相手だけに、母親の木村響子ばりのビッグブーツで圧倒。最後は白姫に滞空時間の長いブレーンバスターからヘッドバッドを叩き込み、ミサイルキックを突き刺し3カウントを奪った。

 花は「WRESTLE-1のお客さんて皆優しくて、皆明るくて暖かくて、WRESTLE-1に所属して間違ってなかったなって思いました。今回ちょっと2018年ということでイメージ変えたくて、あんまりチア風のコスチュームの人がいなかったのでチア風にしたんですけど、WRESTLE-1に所属になってcheer1さんもいて、すごいあってるかなって勝手に思ってます、女子だからってなめられたくないし、男子同様にすっごい痛い思いをして試合をしているので、男子と全く同じ試合が出来るかって言われたらやっぱり女子にしかできないものもあると思うんで、女子の独特な魅力をお客さんに見てもらいつつ、男子に負けない迫力を伝えていけたらなと思います」とコメント。

 “筋肉アイドル”才木玲佳と同じく、プロレス総合学院一期生として成長を見せる花。男子団体の中の紅一点がどのような活躍を見せるか注目が集まる。