ここから本文です

ビートたけし&高田文夫、オールナイトニッポンで久々に言いたい放題!?

2/15(木) 12:07配信

ニッポン放送

オールナイトニッポン放送開始50周年を記念して、1980年代に日本全国の若者たちから熱狂的に支持された「ビートたけしのオールナイトニッポン」が、3月3日(土)に帰ってくる。

漫才ブームのさなか、超売れっ子漫才コンビ「ツービート」の「たけしだけをピンで起用したい!」とオファーし、渋る所属事務所との粘り強い交渉の末、「ビートたけしのオールナイトニッポン」は1981年1月1日にスタート。相方を務めたのは、放送作家の高田文夫だった。

今回、深夜のゴールデンコンビが揃い、2013年2月以来5年ぶりとなる「ビートたけしのオールナイトニッポン」番組収録が先日行われた。二人は、打ち合わせするでもなく、すでに本番のような爆笑トークを交わしながらラジオブースへと向かった。

高田「さ~いよいよですよ!」

たけし「なにが?」

高田「なにがって、あなた、他人行儀な。30年ぶりですよ」

たけし「30年ぶりって、オールナイトだろ?夕方の6時だよ!」

高田「言っちゃダメなの。夜の雰囲気でやってって」

たけし「あ~そ~」

高田「そのかわりコンプライアンスうるさいから、変なこと言っちゃだめよ」

言っちゃだめよと言われても、そこはさすがのビートたけし。「今日はラジオだってのに、式守のかっこしてますよね」と、高田はすでに笑いが止まらない。なんとたけしは、式守伊之助の烏帽子を被り、軍配を持って喋っている。ラジオなのに。たけしが、なぜ式守伊之助の恰好がお気に入りなのか?冒頭から暴走するたけしに、笑いで悶絶しながらも絶妙なトークのトスを上げる高田。ボケ倒した挙句ようやくたどり着いたタイトルコール「ビートたけしのオールナイトニッポン!」からのビタースイートサンバ。高田が、「ほ~ら、こんな感じよ。鈍ってないから、30年ぶりでも」と腕をたたいた。

番組収録後、囲み取材の応じた2人。たけしは、「ひさびさに言いたい放題だった」と感想を語り、相方・高田文夫のことを「やっぱ、相変わらず、日本一の客なんだよ。楽だったねー」と、嬉しそうに称えた。

70歳を超えても勢いの止まらない「ビートたけしのオールナイトニッポン」は、2018年3月3日(土)午後6時から放送となる。「ビバ~ヤング、ビバヤング、フッフ~ッ!」でお馴染みのジングルも当時のもの。午後6時~8時という時間に、あの頃の深夜放送の熱そのものでお送りする。

ニッポン放送『ビートたけしのオールナイトニッポン』

■ 放送日時 :2018年3月3日(土)午後6時~8時
■ パーソナリティ:ビートたけし
■ パートナー:高田文夫
■オールナイトニッポン公式HP:http://www.allnightnippon.com/

ニッポン放送

最終更新:2/15(木) 12:07
ニッポン放送