ここから本文です

花粉症の季節がやってきた 4月中旬並みの陽気も

2/15(木) 19:20配信

静岡放送(SBS)

 2月15日の県内は各地で気温が上昇し、清水や富士では20度近くを観測、4月中旬並みの暖かい1日となりました。いきなり暖かくなって鼻がむずむずしてきた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。この時期、とても気になる花粉症、県内でも症状を訴える人が出始めています。
 15日昼過ぎ、静岡市駿河区の耳鼻科にはマスクをした多くの患者がいました。この耳鼻科では先週末から花粉症が始まったと訴えてくる患者が増えているそうです。日本気象協会によりますと2018年の県内の花粉は「やや多い」。例年と比べ10%ほど増えると予想されています。静岡県は注意が必要です。静岡県は山に杉の木が多く、さらに、風が強いという花粉症の人にはつらい条件がそろっています。
 静岡市内にあるこの店では例年通り、1月の中旬から花粉症対策コーナーを設けました。2018年は県内も大雪に見舞われるなど冬の寒さは厳しいものになりました。しかし15日は各地で気温が上昇。花粉の飛ぶ条件が整いつつあります。2018年はインフルエンザの流行でマスクの需要が増えていますが、花粉症対策でもマスクは注目の的です。このドラックストアでは、ここ2、3日で花粉症グッズの売り上げがそれまでの3倍近くにまで伸びたといいます。いよいよ到来する花粉症の季節。症状が出る前にマスクをつけるなど早めの準備が重要です。
 寒さの影響で全国的に花粉の飛散開始が遅れていますが、今週末は気温が高く、花粉が飛びやすい条件がそろっています。お気を付けください。

静岡放送(SBS)

最終更新:2/15(木) 19:20
静岡放送(SBS)