ここから本文です

【映像】テムズ川の500キロ爆弾 英海軍が海中で爆破処理

2/15(木) 15:11配信

アフロ

 英海軍爆弾処理班は14日午後、イングランド東部エセックス州シューバーイネス沖の海中で、テムズ川で発見された第2次世界大戦中の不発弾を爆破処理した。
 この不発弾は、ロンドン東部にあるジョージ5世ドック付近のテムズ川の川底で2月11日、建設作業員によって発見された。
 長さ1.5メートルの500キロ爆弾は、英海軍爆発物処理班が夜の内に発見現場から引き揚げ、爆破処理のために川下に移送したが、半径214メートルの範囲が立ち入り禁止区域に指定されたため、ロンドン・シティ空港は一時閉鎖、付近の住民にも避難勧告が出された。
 ロンドンは先の大戦中ドイツ空軍の爆撃を受け、ドック周辺には2万5000トンの爆弾が投下された。

(イギリス、シューバーイネス、2月15日、映像:PA/AFLO)

最終更新:2/15(木) 15:11
アフロ